TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

痛みの少ない治療

実は知られていない 痛みの少ない治療。痛みに弱い方や歯科に恐怖がある方も安心して受けられる治療があります。

リラックスできる空間で丁寧なカウンセリング。
痛みを軽減するための厳選した設備・器具。
麻酔専門医とドクターの卓越した技術。
できるだけ痛みを抑えた安心の治療をお約束します。

こんな方にオススメ
  • 歯科治療に対する恐怖心が強い方のイメージ

    歯科治療に対する
    恐怖心が強い方

  • 短期間で一気に治療して欲しい方のイメージ

    短期間で一気に
    治療して欲しい方

  • 基礎疾患を持っている方のイメージ

    基礎疾患を持っている方

  • 高齢者の方のイメージ

    高齢者の方

あなたのニーズに応えます!
  • 痛み弱い方・痛みに敏感な方
  • 痛みを少なく治療して欲しい方
  • 親知らずの抜歯をする方
  • リラックスして治療を受けたい方
  • インプラント治療をする方
  • 嘔吐反射のある方

東松戸総合歯科クリニックの痛みの少ない治療3つの提案

01

静脈内鎮静法によりリラックスして治療に臨めます

恐怖心を和らげ、リラックスして治療に臨んでいただけるよう
麻酔科専門医の管理のもとで静脈内鎮静法を行います。

歯科治療への恐怖心が強い患者様や、長時間にわたる外科手術を受ける患者様のため、当院では静脈内鎮静法を採用しています。静脈内鎮静法とは、精神的な緊張を和らげ、快適に治療を受けていただくための麻酔法です。点滴麻酔によって半分眠っているようなリラックス状態になるため、ほとんど痛みを感じることなく治療を受けることができます。静脈内鎮静法には、以下のような効果があります。

  • 鎮痛効果:嫌な音や振動を感じない状態になります。
  • 健忘効果:痛みがあっても気にならず、忘れてしまっている状態になります。
  • 鎮静効果:気持ちよく眠っているような状態になります。

また、静脈内鎮静法は、以下のような全身疾患をお持ちの患者様に有効です。

静脈内鎮静法でリラックスして臨めます

静脈内鎮静法でリラックスして臨めます

  • 高血圧
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 心筋症
  • 甲状腺機能亢進症
  • 不整脈
  • ステロイド長期服用
  • 糖尿病

当院では、麻酔科専門医が患者様の全身管理をしながら、静脈内鎮静法を行っています。麻酔中は常に全身状況がコントロールされているため、安心して治療を受けていただけます。

静脈内鎮静法イメージ

静脈内鎮静法イメージ

お眠りしている間に治療をまとめて終わらせる夢のような方法です

02

麻酔への細やかな配慮

麻酔そのものの痛みを軽減するために
様々な配慮をしています。

むし歯や歯周病の治療の際、親知らずを抜歯する際、インプラント治療をする際などは、局所麻酔を使うことでほとんど痛みを感じることなく治療できます。しかし、局所麻酔の注射針を刺すときの痛みが嫌だという方は少なくありません。当院では、麻酔時の「チクッ」とする痛みを軽減するため、以下のような配慮をしています。

セデーションイメージ

セデーションイメージ

積極的な表面麻酔

注射針を刺す前に、ゼリー状の麻酔を2~3分間、刺入点に置くことで歯茎の表面を麻痺させ、痛みを軽減します。お子様にも安心の処置です。必要に応じて使い分けます。

麻酔剤の例

麻酔剤の例

やさしい注射器

痛みの原因となる注射の「注入圧」にも気を配っております。電動注射器を用いることで、麻酔薬の注入圧を一定に保ちながら静かに注入して、痛みを軽減しています。

痛みの少ない注射を心がけます

痛みの少ない注射を心がけます

麻酔針の太さにもこだわっています

一般的に、注射針が細いほうが痛みが少ないとされていますが、針が細すぎると、逆に粘膜に引っかかって余計な痛みが出たり、針先が負けてしまったりすることがあります。そのため、当院では太すぎず細すぎない「30G」の針をメインに使用しています。30Gの注射針なら、組織へのダメージが少なくスムーズに刺入できるうえ、痛みも軽減できます。

痛みの少ない適正な太さを選びます

痛みの少ない適正な太さを選びます

注入テクニック(注入痛を軽減)

表面麻酔をすることで、少し痛みを軽くできますが、念には念を入れて痛みにくい場所を選んで注射します。最初は痛点の少ないところへ刺入し、徐々に効かせたい場所へ麻酔をしていきます。また、針をスムーズに刺せるよう、粘膜を適度に引っ張って緊張させ、刺入点を指で圧迫。針を動かさずに歯肉を振動させ、ゆっくりと一定の速度で薬液を入れていきます。このようなテクニックによって、痛みを軽減することが可能です。

03

体だけでなく心にも優しい治療

恐怖心やトラウマを取り除き、
心から信頼して治療を受けていただけるように努めます。

同じ治療でも、痛みを感じない人もいれば、ほんの少しの刺激で痛みを感じる人もいます。後者の方は多くの場合、歯科治療に対する恐怖心やトラウマなどをお持ちです。

痛みの少ない治療を追求するにあたって、「心の問題」は非常に重要です。当院では、体に優しいのはもちろん、心にも優しい治療を心がけています。歯科医院と患者様の間に信頼関係ができていれば、患者様は安心して治療を受けることができ、刺激に対して敏感に反応しないで済みます。そのために、当院では丁寧なカウンセリングで分かりやすく治療内容をご説明し、十分に納得していただけるように努めています。「どんな治療なの?」「次に何をするの?」といった不安を一つひとつ取り除き、患者様との間に信頼関係を築いていきます。

できるだけ痛みを抑えた治療を

歯科治療に「痛い」というイメージをお持ちの方は少なくありません。しかし、歯科医療は日進月歩で進歩しており、様々な設備・技術によって治療時の痛みを軽減できるようになりました。今は、麻酔をはじめとする様々な技術や治療時の配慮によって、痛みの少ない処置が可能です。

しかし、本当の意味での「無痛」を実現するには、予防・早期発見がいちばんです。病気を予防できれば、そもそも治療を受けずに済むので、痛みを感じることもありません。病気になっても早期発見ができれば、痛みの少ない処置で治すことができます。

大切なのは、麻酔をして痛みを感じないようにするのではなく、麻酔すら必要のないように、口腔内の健康を維持すること。毎日のブラッシングを徹底するとともに、定期的に予防歯科を受診して理想的な口腔内環境を維持しましょう。

>> 予防歯科

対象者モデルケース

CASE1

痛い治療は受けたくない

近年は、様々な設備・技術によって歯科治療の際の痛みを軽減できるようになりました。当院でも、様々な設備・機器を導入したうえ、ドクターが細やかな配慮をして、患者様の痛みの軽減に努めています。

Aさん  40代女性

Aさん 40代女性

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

CASE2

インプラント治療が怖い

外科手術を伴うインプラント治療に抵抗のある患者様は少なくありません。局所麻酔を用いるのはもちろん、当院では恐怖心が強い患者様のために静脈内鎮静法を採用しています。静脈内鎮静法を用いることで、半分眠っているようなリラックス状態になり、ほとんど痛みを感じることなく治療を受けることができます。

Bさん 40代男性

Bさん 40代男性

静脈内鎮静法でリラックスした治療を

静脈内鎮静法でリラックスした治療を

CASE3

局所麻酔時の痛みが苦手

局所麻酔をする際の「チクッ」とする痛みを軽減するため、当院では、表面麻酔や注射針の太さ、麻酔薬を注入するテクニックなど、様々な配慮をしています。ほとんど痛みを感じることなく局所麻酔ができますのでご安心ください。

Cさん 30代女性

Cさん 30代女性

痛みの少ない注射を心がげます

痛みの少ない注射を心がげます

必要に応じて痛み止めを処方します。お気軽にご相談ください。

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休診日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。