TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

歯周病とはどんな病気なのか

歯周病とは、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で、治療をせずに放っておくと、歯が揺れ始めて噛むことが出来なくなり、最後には歯が抜けて落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。
30歳以上の多くの方々が抱える病気で、歯を失う原因の約半数が歯周病が原因だと言われています。

歯肉(歯ぐき)と歯の間には、歯周ポケットという1mmくらいのすき間があります。
歯みがきを怠ると、この歯周ポケットにプラーク(歯垢)がたまっていきます。たまったプラークが歯石となり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで、歯肉が炎症を起こします。歯肉の炎症を放置しておくと、症状はますます悪化していきます。

歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気付かないことで手遅れになってしまうことも多い病です。早期発見のためにも、定期に健診に行くことがとても大事です。

歯周病のセルフチェック

歯ぐきの状態で、症状がわかります。

中度の歯周病
・歯をみがくときやリンゴをかじると出血がある。
・朝起きたとき、口が粘ったり、妙な味がする。

重度の歯周病
・歯ぐきがはれてブヨブヨの状態になる。
・歯ぐきを指で押すと血ウミが出る。
・歯がうき、硬いものがかめない。
・歯ぐきからウミが流れ出る。
・まわりから口臭があるといわれる。

あてはまる項目が多い方は、お早めに当医院にご相談ください。

歯周病の進行

歯肉炎

歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじったりすると、出血があります。
この段階では、まだ丁寧な歯みがきや歯科医院での処置で、元の健康な状態に戻すことが可能です。

歯周炎

松戸市秋山 秋山クリニックモール内 東松戸総合歯科クリニック ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなっており、そこから出血したり膿が出たりして嫌な臭いを感じる場合があります。

ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。

このころは口臭もあり、歯が浮いた感覚があります。
強く噛むと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。

歯周炎で破壊された歯槽骨や歯肉を元通りの状態にすることはできませんが、進行を止めたり進行の速度を緩やかにすることはできます。

歯が抜ける

松戸市秋山 秋山クリニックモール内 東松戸総合歯科クリニック 歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまっています。
歯根が露出し、歯のぐらつきもひどく、最後には抜け落ちてしまいます。

歯槽膿漏(歯周病)の進行について

お口の健康状態 歯周病がかなり進行した状態

松戸市秋山 秋山クリニックモール内 東松戸総合歯科クリニック

松戸市秋山 秋山クリニックモール内 東松戸総合歯科クリニック

歯茎がしっかりと引き締まり、出血なども無く歯ブラシが上手く出来ている状態です。 歯茎が元の位置よりもかなり下がってしまい、それに伴い歯と歯の間に隙間が出来てしまっていて歯がグラグラしてしまっています。

松戸市秋山 秋山クリニックモール内 東松戸総合歯科クリニック

松戸市秋山 秋山クリニックモール内 東松戸総合歯科クリニック

松戸市秋山 秋山クリニックモール内 東松戸総合歯科クリニック

ポケットの数値 歯周病度 解 説
1〜2mm 健 康 問題なく健康な状態です。
3mm 要注意 要注意!!!
ブラッシングなどの状態によって、数値が良くも悪くも簡単に変化する数値です。
4mm 軽 度 歯周病と診断される数値です。
5〜6mm 中 度 歯周病が進行しています。
適切な処置が必要になります。
この数値になると突然、腫れあがり痛みが出てしまうことがあります。
7mm以上 重 度 歯周病がかなり進行しています。
一般的な治療方法では対応できないことがあります。

歯茎の状態は、見た目だけで正確な判断はできません。
色や形は、個人個人によって大きく違います。
また、歯周病が進んでいても、歯茎の見た目には全く表れないケースもありますので、自己判断は禁物です。

(無料)でのご相談は

こちらから歯の悩みをご相談頂ければ、院長からお返事を書かせて頂きます。
ボランティアで行なっておりますので、通院可能な方のみお受けいたします。

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。