TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

予防歯科

日本はまさかの予防歯科後進国だった!?

日本の経済や技術力は戦後大きく発展を遂げ高い生活水準を保ち、世界からはれっきとした先進国の一つであると認識されていますが、実はそんな日本人の歯の健康に対する意識は大変低く、予防歯科の分野においてかなり遅れをとっている予防歯科後進国であるこという事実をご存知でしょうか?


わが国では8020運動という取り組みがあるのですが、これは「80歳になっても20本以上の歯を守ろう」という厚生労働省と日本歯科医師会が中心となって展開している啓蒙活動です。この活動は1989年から開始されたのですが、その成果は年々上がってきており2016年の調査では80歳で自分の歯が20本以上残っている人の割合が初めて50%を超えました


ですが、この数値は世界的に見ると決して高いものではありません。歯を失う率は中年以降に急激に上がり、予防歯科に対する意識の低さが顕著に表れています。

歯の手入れをしないとこんな恐ろしいことが…

日本人の平均寿命は世界的に見ても高いことで有名ですが、平均寿命とは別に健康寿命というものがあります。健康寿命とは介護の必要がなく健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことを指しますが、実はこの健康寿命と残存歯数には深く関わりがあるのです。

残像歯数は日頃の歯の手入れがどれだけ行き届いているかでかなり左右されます。歯の手入れを怠ることで起きる問題として、まず浮かぶのは虫歯や歯周病といった口腔内の問題でしょう。ですが、歯の手入れを怠ることで起きるトラブルは口腔内だけにとどまらず、全身に悪影響を及ぼす原因となってしまうのです。


汚い状態の口腔内が引き起こす様々な弊害

雑菌の温床、バイオフィルムの増殖

バイオフィルムとは、たくさんの菌が集まってできた膜状の細菌塊(歯垢)です。排水溝のぬめり汚れと似たようなもので虫歯や歯周病の原因となる菌が約1000億近くも存在しています。排水溝に溜まったぬめり汚れはとても素手では触りたくないものですが、歯の手入れを怠るとそれと同じような汚物が口の中に溜まってしまうこと、どう思いますか…?


歯周病

歯周病は歯を支えている骨が溶け、進行すると歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。妊娠中や更年期などでホルモンバランスが崩れることでも歯周病を発症しやすくなりますので注意が必要です。


虫歯

虫歯は放置しておくと歯の神経まで侵しはじめます。それが進行すると歯の根っこに膿が溜まってしまい歯を抜かなければならない場合があります。
また過去に治療した歯であっても被せものがきちっと合っていないと中で虫歯となっている場合があるため油断できません。


誤嚥性肺炎

肺炎は日本人の死因の第3位となっている恐ろしい病気です。その肺炎の原因の一つに誤嚥性肺炎があります。誤嚥性肺炎は口腔内の細菌が、食事や唾液の嚥下の際に誤って気管支に入り込んでしまうことで生じます。高齢者に多く命にかかわる症状のため、しっかりとプラークコントロールを行い口の中を清潔に保つことが重要です。


口腔がん

口腔がんは初期に発見すれば簡単な治療で治すことができ、後遺症もほとんど残らず5年生存率は50%以上との報告もあります。口腔がんの予防には当院の口腔外科を専門的に受診、定期検診を受けることがとても有効です。



なんと将来掛ってくる医療費にも差が出る!

このように、口腔内のトラブルは全身へ影響を及ぼします。トヨタ関連保険組合などの調査によると、定期的に口腔内のケアを行っている人はすべての病気に掛る年間の医療費が低くなる傾向があることが明らかとなりました。

65歳になるとかかる医療費の総額平均が35万円以上に対し、定期的にメンテナンスを行っている人は20万円以下とその差はかなり大きなものとなります。

歯を悪くするとすべての健康の基盤となる”食事”に偏りが出てしまいます。そこから糖尿病や肩こり、その他の生活習慣病を引き起こし、健康寿命を短くする原因となってしまうのです。そのため、歯の健康状態を維持できている人は健康寿命も自ずと延びてくるという関係性が出てくるのです。


問い合わせ

電話 フォーム

 “歯が痛くなったから病院へ行く”では遅すぎる

ならば、もし歯が痛くなったらその都度歯医者で完璧に治療すれば問題ないのかというとそれは間違いです。歯というのは一度虫歯になってしまうと二度と元の100%完璧な状態には戻りません。歯医者での治療は例えば50%まで機能が落ちてしまった状態を80~90%まで回復させるというような作業です。また、その状態は永久的に保つことはできず残念ながら経過とともに落ちていきます。

一番良いのは生涯100%の自分の歯を守り抜くことです。ですがそれは現実的にかなり難しいことですので、例えば治療により80~90%まで回復した歯の状態を、こまめに手入れすることで長く維持することがとても重要です。


自分の口を守れるのは自分だけ!定期健診で未然にトラブル回避

定期的な歯科検診で得られるメリットはたくさんあります。歯周病や虫歯の予防につながりますし、もし何かトラブルがみつかっても早期発見、早期治療は治療費や時間もかからず、また身体的な負担も軽くて済みます。歯が痛くなってからでは治療の内容も怖いこと、痛いことしかできません。

当院での定期健診の間隔は個人差があり、一般的には4カ月ごとのご案内をしておりますが、慢性的なハイリスク(不完全治癒があるような場合)がある方の場合は1か月ごと、ハイリスク(虫歯、歯周病の処置で大きなダメージがあるような場合)がある方の場合は2カ月ごとの通院をご案内しております。

例えば、3カ月に1回のメンテナンスを行った場合、年間たったの4回、かかる時間は2時間程度でご自分の歯が守れるのです。また当院では担当の歯科衛生士が患者さん一人ひとりの治療内容をしっかりと把握、責任を持て対処いたしますのでよりご安心いただけます。

歯の健康が気になり当HPをご覧になった、今がまさにメンテナンス開始の絶好のチャンスです。ぜひ当院にてお口のケアを始めましょう。

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。