TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

6歳になる頃

~乳歯が生えかわり、永久歯(第一大臼歯)が生えてきます~

6歳頃の子ども

幼稚園や保育園を卒業し、小学校へと入学する年齢です。
着替えや食事、身の回りのことは、ほとんど1人で出来るようになったかと思います。

食事は幼児食を卒業して、大人と同じ硬さや大きさの食事が出来ますが、胡椒などの刺激物は避けておきましょう。

6歳頃の歯

6歳を過ぎると、最初に下の前が抜け替わる兆候を見せます。
無理やり抜いたりせず、自然に抜けるのを待ちましょう。次いで上の前歯、下の前歯のわきの歯といった順で乳歯が抜け、永久歯へと生え変わります。第2乳臼歯のすぐ奥、乳歯が生えていないところに第1大臼歯が生えてくるのも、この頃です。

この歯は6歳前後に生えてくることから、『6歳臼歯』とも呼ばれていて、噛む力が大変強く歯並びの中心となる、とても大事な歯です。

奥にあるため、生えていることに気が付きにくく、溝も複雑なので歯磨きがしにくいため、むし歯になりやすいという特徴があります。

6歳頃の気がかり

乳歯がグラグラしているのに抜けず、横から永久歯が生えてきそうです。大丈夫でしょうか?

グラグラしているなら、乳歯はすぐに抜けると思われます。

永久歯が映えてきたのに乳歯が抜けたいようでしたら、当院へご相談ください。

無理に抜いてしまうと、歯根が折れて歯ぐきの中に残ってしまうことで、歯並びに影響するということもあるので注意してください。

『6歳臼歯』はむし歯になりやすいと聞きました。歯みがきの他に予防方法はありますか?

松戸市秋山 秋山クリニックモール内 東松戸総合歯科クリニック 生えてきたばかりの『6歳臼歯』、歯の質もまだ軟らかく溝も複雑で深いので、確かにむし歯になりやすいです。

むし歯予防の対策としては「シーラント」という、歯のコーティング材で歯を守る方法があるのですが、残念がら100%の予防効果はありません。

施術を行った場合は、シーラントが部分的にはがれてきてしまうこともあるので、定期的に当院へお越しください。

6歳臼歯が生えてきて奥歯を痛がるのですが、むし歯ではないようです・・・

奥歯が生えてくると、歯ぐきの一部が歯にかぶさっているせいで傷が出来たり、腫れてしまうことがあります。痛みが長く続いたり、状態がひどくなるようでしたら当院へご相談ください。

(無料)でのご相談は

こちらから歯の悩みをご相談頂ければ、院長からお返事を書かせて頂きます。
ボランティアで行なっておりますので、通院可能な方のみお受けいたします。

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。