TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

交通事故に遭われたら

放置せず必ず受診してください。交通事故に遭われたら 顔面を打撲したら、必ず歯科医院を受診してください。より良い歯科治療を受けられるようサポートいたします。

交通事故で顔面を打撲したら、必ず歯科医院を受診してください。
交通事故による歯科治療は、保険がおりる可能性があります。
当院は、保険会社との交渉も含め数多くの交通事故対応を行っています。
被害者の方が、より良い歯科治療を受けられるようサポートいたします。

疑いがある症状
  • 歯の打撲
  • 歯の脱臼
  • 歯牙破折
  • 裂傷
  • 打撲
  • 骨折
  • 歯牙移動
  • 歯列不正

交通事故でダメージを受けた顎、顔面、口内へ 4つのPOINT

保険会社との折衝も含め豊富な事故対応実績

保険会社との折衝や診断書の作成など、
より良い歯科治療を受けられるようサポートいたします。

当院は、交通事故後の歯科治療に数多く対応してまいりました。
治療実績はもちろん、保険会社との折衝や診断書の作成などにおいても豊富な経験がございます。歯が抜けた際のインプラント治療をはじめ、歯が折れた・欠けた・割れた・変色した・グラグラする・顎の骨が折れた場合の修復、また歯の位置がズレた場合の矯正治療など、様々な対応が可能です。被害者の方が、より良い歯科治療を受けられるようサポートいたします。

経験豊富な専門医がサポートします

経験豊富な専門医がサポートします

噛み合わせの改善で後遺症にアプローチ

交通事故の後遺症に適切な診査・診断・治療を行います。

交通事故に遭い、整形外科や脳外科での治療が終わった後、「顎が痛くなってきた」「口が開かなくなった」「頭痛がする」などの後遺症に悩まされることがあります。このような症状は、歯科治療で改善できる可能性があります。

交通事故によって強い衝撃を受けると、噛み合わせにズレが生じているケースが多々あります。当院で噛み合わせを改善する治療を受けることで、上述のような症状が消える患者様は少なくありません。噛み合わせの治療は非常に高度な知識・経験が求められる分野であることから、適切な診査・診断・治療ができる歯科医院は多くありませんが、当院なら最適な対応が可能です。

噛み合わせ治療 before

噛み合わせ治療 before

噛み合わせ治療 after

噛み合わせ治療 after

口腔外科のスペシャリストが在籍

在籍する口腔外科の専門医がしっかりと診査・診断を行います。

歯やお口のケガに対応する口腔外科は専門医が少ないこともあり、歯科医院によっては見当違いな治療をされたり、本来であれば残せる歯を抜かれてしまったりするケースが多く見られます。当院は、口腔外科を専門とした総合歯科であり、口腔外科の専門医が数多く在籍しています。先進レベルの設備機器を整え、精度の高い診査・診断を行っていますので、安心してご来院ください。

まずは丁寧な問診を行い、口腔内検査・X線検査で歯や神経、歯周組織にどんなダメージがあるのかを把握して治療へと進みます。歯や顎の骨にダメージがあっても安易に抜歯することはなく、歯を残す方法を探ります。なお、たとえば顎の骨の大きな損傷など、優先されるべき治療がある場合は関係の医療機関に即時に連絡をとります。

専門医による精度の高い診断を行います 専門医による精度の高い診断を行います

専門医による精度の高い診断を行います

審美性を考慮し、元ある状態に回復

心身ともに健康を取り戻していただくため、
自然な口元を再現します。

交通事故で口元に外傷を負ってしまった場合、そのケガを治療して機能を回復させることが最優先になります。しかし、機能を回復できても口元の見た目が損なわれたままでは、笑顔の生活を取り戻すことはできません。

当院では、交通事故に遭ってしまった患者様に心身ともに健康な状態を取り戻していただくため、機能だけでなく審美性の回復も考慮した治療を行っています。口腔外科の専門医が技術力を駆使して、元の自然な口元を再現していきます。

交通事故で顔面を打撲したら歯科医院へ

交通事故で外傷を負った場合、整形外科や脳外科を受診するのが一般的です。しかし、顔面打撲や頭部打撲がある場合、顎や歯に起きているトラブルを見逃してしまうことが多々あります。交通事故で顎や歯、噛み合わせに異常が生じると、将来の健康に悪影響を及ぼすリスクが高くなります。後に大きなトラブルを招かないよう、交通事故に遭った場合、特に顔面打撲をした場合は必ず口腔外科を受診しましょう。

レントゲンイメージ

レントゲンイメージ

交通事故と保険金請求について

交通事故で外傷を負った場合、通常は保険金がおりますが、歯科治療の場合は保険金がおりないケースもあります。たとえば、交通事故で歯を失ってしまった場合。可能な限りお口を元どおりの状態にするのであれば、インプラント治療が最適です。しかし、インプラント治療に対して保険金を出さない保険会社が多いのが現状です。保険会社の言い分は、「インプラントは審美性が優先される治療法であり、最低限の機能を回復するなら入れ歯やブリッジで十分」というもの。元どおりの機能を回復できる治療法があるのに、保険会社の意向でそれができないというのは、まったく筋が通りません。
ブリッジの場合は両隣の歯を削らなくてはいけなく、将来やり直し治療につながります。

このような保険会社の対応について、裁判所の見解は次のようになっています。
『インプラントが医学的に必要であること、かつ、他の治療法よりもインプラントを選択することが医学的に合理的であることを被害者側のほうで証明できていることを加害者への賠償請求の条件とする(大阪地裁2007/12/10自保ジ1737号14頁、東京地裁2010/7/22自保ジ1831号49頁、横浜地裁2003/8/22自保ジ1547号14頁)』

つまり、交通事故の被害者がインプラント治療を希望する場合、歯科医師にインプラント治療が他の治療法よりも機能面からも有用であるという証明をしてもらう必要があるということです。

インプラント

インプラント

ブリッジ

ブリッジ

入れ歯

入れ歯

抜けた歯・折れた歯の応急処置について

歯が抜けたり折れたりしてしまったときに大切なことは、抜けた歯・折れた歯を乾燥させないことです。歯には「歯根膜」という歯の根と骨をつなぐ組織がありますが、歯根膜は乾燥にとても弱く、30分で50%以上、120分では大半が死滅してしまいます。
抜けた歯の最適な保管場所は、ご本人の口の中です。流水で軽く流し、汚れていなければ抜けた穴へ戻しておきましょう。それが難しい場合は、コップやタッパーに牛乳を入れ、その中に浸してください。地面に落ちた歯をゴシゴシと洗いすぎないことも大切です。流水で10〜20秒すすぐだけで構いません。石鹸や塩水などは使わないでください。また、折れた歯や抜けた歯を持つ場合は、細菌感染を防ぐため、根っこを持たないようにしましょう。

何より重要なのは、できるだけ早く歯科医院へ行くことです。歯が抜けてからの時間が短いほど、歯を残せる可能性が高くなります。可能であれば、30分〜1時間以内に歯科医院に行きましょう。

抜けた歯や折れた歯は乾燥しないよう注意

抜けた歯や折れた歯は乾燥しないよう注意

口の中へ戻すのが難しい場合は牛乳の中へ

口の中へ戻すのが難しい場合は牛乳の中へ

歯のケガの種類と治療法

歯のケガは、割れたり折れたりする場合と、抜け落ちてしまいそうになる場合などがあります。一見、外からは分かりにくいケガもあるため注意が必要です。 歯のケガの治療は、歯科医院によって大きな差があるのが現状です。医院によっては、見当違いな治療をされたり、残せる歯も抜歯されたりしてしまうケースも多く見られますが、当院では安易に抜歯することなく歯を残す方法を探り、歯をほぼ元どおりにすることを目指しています。

治療の過程イメージ

治療の過程イメージ(インプラントで治療した場合)

カウンセリングと相談の上、治療計画を設定し治療を行っていきます。

歯が欠けてしまった

歯に強い衝撃を受けると、歯が欠けてしまうことがあります。欠け方が部分的で軽度な場合は痛みなどの症状が出にくく、歯周組織への影響も少ないですが、欠けた部分から神経が感染を起こしたり歯の変色や歯肉の腫れが現れたりする可能性もあります。緊急性は低いですが、歯科医院を受診して、詰め物や被せ物での処置をして経過を見ることをおすすめします。

歯の欠け方が大きく神経まで達している場合は、炎症が起き、激しい痛みや歯肉の腫れが生じます。この場合は緊急性が高いため、できるだけ早めに受診しましょう。状態によっては神経の処置を行い、最終的に歯を元の形に修復します。

歯が欠けている

歯が欠けている

歯がグラグラになってしまった

歯に強い衝撃を受けると、歯がグラグラしたり、歯肉から出血したりすることがあります。原因としては、歯を支える顎の骨にダメージがある場合や、歯の根が折れている場合などがあります。

まずはX線検査によって歯の根の状態や、周りの骨の状態を確認する必要があります。歯の動揺が軽度な場合はできるだけ安静にして様子を見ていきますが、明らかに大きな動揺が見られる場合は両脇の歯と固定して安静にします。歯根破折や歯槽骨骨折が原因で歯が動揺している場合は、ダメージを負った歯を残すことができるかどうかを診断します。歯を残すことができる場合は、固定処置を行って様子を見ます。歯だけの動揺の場合は1〜2週間で済みますが、歯根破折や歯槽骨骨折の場合は2ヶ月ほど固定します。ケースによっては抜歯になることもあります。

歯がグラグラしている

歯がグラグラしている

歯の位置がズレてしまった

歯の位置がズレてしまった場合は、元の位置に戻して両脇の歯と連結固定したうえで安静にし、周囲の組織の回復を待ちます。歯根が成長過程にある低年齢児の場合は、自然に再生することも期待できるため、元の位置に戻さずに様子を見ることもあります。

なお、乳歯の位置がズレたり、めり込んだりしてしまうと、形成中の永久歯に影響が出ることがあります。永久歯の生える方向、形、色などに異常が出るおそれがあるため、定期的なチェックを受けることをおすすめします。

歯がめり込んでいる

歯がめり込んでいる

歯が抜けてしまった

歯が抜けてしまった場合、条件が良ければ再植(歯を元の位置に戻す治療)を行います。再植は、噛み合わせを確認しながら歯を元の位置に戻して固定します。固定期間は、通常2〜6週間です。歯肉からの出血が多い場合は縫合して止血します。交通事故から来院までの時間が短く、歯の周りの損傷が軽度であり、歯の保存状態が良ければ、再植の予後も良好です。

抜けた歯がなくなってしまった場合や再植が困難な場合は、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの治療法を選択します。乳歯が抜けてしまった場合や学齢期に永久歯が抜けてしまった場合などは、次の永久歯が生えるまで、もしくは顎の成長が止まるまで、入れ歯タイプの装置を用いるケースもあります。

歯が抜け落ちている

歯が抜け落ちている

歯が変色してしまった

歯に強い衝撃を受けると、歯の色が変わってしまう場合があります。事故後すぐに変色が起きた場合は、内出血などの影響も考えられ、時間とともに回復することがあります。

しかし、数ヶ月してから徐々に色が黒ずんできた場合などは、神経が死んでしまった可能性が高いです。この場合は、X線検査を行ったうえで、最適な治療法を検討する必要があります。

歯の変色や歯肉の腫れ

歯の変色や歯肉の腫れ

交通事故は緊急性が高く、すぐに対応が必要な場合もありますので、化膿する前にすぐにご相談ください。

対象者モデルケース

CASE1

交通事故にあってから頭痛がする

交通事故の後遺症として、慢性的な頭痛が生じることがあります。このような場合、噛み合わせのズレが原因になっていることが少なくありません。当院での噛み合わせ治療によって、頭痛が解消できたケースも多くありますので、ぜひ一度ご来院ください。

Aさん 30代男性

Aさん 30代男性

交通事故にあってから頭痛がする
CASE2

交通事故で歯が抜けてしまった

抜けた歯をお口の中か牛乳の中に入れて、できるだけお早めにご来院ください。歯が抜けてからの時間が短ければ短いほど、歯を残せる可能性が高くなります。

Bさん 20代女性

Bさん 20代女性

交通事故で歯が抜けてしまった
CASE3

交通事故で抜けた歯をインプラントにしたい

交通事故で抜けた歯をインプラントにする場合、保険会社によっては保険金の支払いを渋る場合があります。当院は、交通事故後の保険会社との折衝や診断書の作成などにおいても豊富な経験がございます。患者様が保険金でインプラント治療を受けられるよう、サポートさせていただきます。

Cさん 50代女性

Cさん 50代女性

インプラントの施術イメージ

インプラントの施術イメージ

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。