TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

小児歯科

虫歯ゼロ、きれいな歯並びを目指すならあべひろ総合歯科


赤ちゃんは生後6か月ほど経つと小さくてかわいらしい下の前歯が生えてきます。ここから、長い歯との付き合いが始まるわけですが、乳歯ならいずれ抜けてしまうから多少虫歯になっても大丈夫、なんてことはありません。乳歯の状態が悪いと次に生えてくる永久歯に悪影響を及ぼし、歯並びが悪くなるだけでなく、その質や形が悪くなったり滑舌への悪影響、口呼吸をするようになるなど、大人になってからも後々まで引きずることとなってしまうからです。


乳歯の虫歯



生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌がいません。だいたいの場合が親の唾液を介して虫歯が感染すると言われています。最近は「自分の使った箸やスプーンなどで赤ちゃんにご飯をあげるのはやめましょう」、「お口へのキスはやめましょう」といった情報はだんだんと広まってきましたが、まだ祖父母の世代には浸透しきっていないようですので、もし小さなお子様がいるご家庭ならしっかりと情報共有すると良いでしょう。

小さいお子様の場合、離乳食を開始した頃から親御さんが歯磨きをしてあげると思います。またもう少し成長すると自分で歯磨きができるようになり、仕上げ磨きを親が、そのあとは自分一人でもしっかり歯磨きができるようになっていきます。でもいつの時代も親としては「しっかりと磨けているのかな?」と常に不安に思われることも少なくないのではないでしょうか。そんな不安を解消するためにも定期的な歯科検診がとてもお勧めです。

子供の歯は軟らかく、またエナメル質や象牙質も薄いため虫歯になるとあっという間に進行してしまいます。また大人の虫歯と異なり色が白いことが多いため虫歯とわかりにくいうえ、子供は虫歯の痛みが出にくいこともあり気が付くのが遅れがちで、来院するころには虫歯が重度になってしまっていることも少なくありません。そのためにも歯の健康診断という形で定期的に通っていただくことがとても重要なのです。


定期健診のメリット



定期健診のメリットは虫歯の予防及び早期発見だけではありません。子供の歯は乳歯から永久歯へと生え変わり、顎の骨なども大きく成長、大人への骨格へと変化してゆく大事な時期でもあります。この時期の歯並びを定期的にチェックし正しい方向へ導いてあげることできれいな歯列の永久歯を目指すことができるのです。

たとえば下から既に永久歯が生えてきているのにいつまでも乳歯が残ったままだと永久歯の生えるスペースがないため放置しておくとガタガタの歯並びとなってしまいます。そのような場合は麻酔をして乳歯を抜いてあげることで必要なスペースをしっかり確保できます。また、もともと顎が細くそもそも永久歯の生えるスペースが足りないといった場合も小児矯正が必要かどうかの判断もしやすいため安心です。このように歯列とあごの成長を整えるという観点からも大きなメリットがあるのです。


小児歯科で行う治療とは?

虫歯の治療

初期の虫歯の場合は削らずに歯磨きの仕方の指導やフッ素の塗布、おやつなどを食べる習慣の見直しをすることで段々と元に戻ることがあります

ですが、削らなければならないような場合は虫歯を取り除いた後にプラスチックで埋めるなどの処置を行いますが、歯が軟らかく詰め物が取れやすいため注意が必要です。なお、虫歯が重度の場合の治療方針や子供が嫌がって治療が難しいケースなど大人とは違った事情が多々ありますので、処置内容はその都度親御さんと良く話し合って決めていきます

むし歯治療の詳細はこちら>>>


予防処理

  • 歯磨き指導
  • ひとりひとりにあった歯磨きの指導を行います。お子さまと一緒にお母様にも仕上げ磨きの仕方も指導していますので安心です。

    ブクブクうがいのできない小さなお子様の場合は、離乳食開始直後はガーゼなどで歯を拭いてあげる程度で大丈夫です。その後はだんだんと歯ブラシに慣れさせるため軟らかい歯ブラシから試していきます。乳歯は軟らかいので強くこすらないようにしましょう。3歳以上になるとブクブクうがいができるようになり歯磨きも自分でできるようになります。

    むし歯が多くなるのはこの頃からですので歯磨き後にミルク生まれのミネラル豊富な歯のクリーム“MIペースト”を併用するのがおすすめです。むし歯になりやすい酸性に傾いているお口の中を中性に戻し、口の中に豊富なカルシウムやリンを供給してくれます。なお当医院でもクリーニングの際、仕上げに使用しており、販売もしておりますので詳しくはスタッフにお尋ねください。※本製品は牛乳由来成分のためアレルギーをお持ちの方は使用できません。


  • フッ素塗布
  • フッ素を歯に塗布すると、歯の表面からフッ素が取り込まれエナメル質の成分と入れ代わり安定した結晶構造へと変わります。こうして歯がむし歯の原因となる酸に強い歯になります。また歯の再石灰化を助ける働きもする為、ごく初期のむし歯はカルシウムなどが沈着することで元に戻ることがあります。

    それだけでなくフッ素自身にむし歯菌に対する抗菌力があるためむし歯菌の活動を抑制する、とも言われておりおすすめです。当院ではお子様が嫌がらないリンゴ味を主に使用しています。


  • シーラント
  • 歯の溝を埋める処置を行います。光をあてて4秒待つだけという手軽さですが、表面がツルツルになるので歯ブラシをあてるとすぐに汚れが取れるようになります

    子供の奥歯の溝は細かく複雑なため歯ブラシをあてても、溝の奥まではなかなかきれいにできずむし歯菌がたまりやすいため、溝をきれいにしてからシーラントで埋めてしまうこの方法がとても有効なのです。


子供に恐怖感を与えない充実のホスピタリティ

当院ではお子様が安心して来院しやすい環境作りに力を入れています。

キッズスペース完備、明るい雰囲気の院内

明るく清潔なイメージの受付やお子様が楽しめる要素がたくさんのキッズスペースは子供の緊張感を和らげ、待ち時間を快適に過ごしていただけます。


保育士の資格を持つスタッフ在籍だから安心

「子供が診察で泣いてしまったらどうしよう、嫌な顔をされないかしら…」そんな心配はご無用です。お子様の扱いに慣れている保育士の資格を持つスタッフ在籍していますので親御さんと一緒に優しくあやしながら診察を進めていきます。

お子様向けイベントを定期的に開催

「怖いことをされるからあそこに行きたくない!」そんなイメージを払しょくしてもらうべくあべひろ総合歯科では夏祭りやハロウィン、クリスマスなど季節に合わせたお子様も親御さんも一緒に楽しめる様々なイベントを定期的に開催しています。入浴剤の手作り体験など楽しい思い出になること間違いなし!是非ご参加下さい。


“あべひろ歯ミリーキッズクラブ”で歯への関心を持ちやすい

あべひろ歯ミリーキッズクラブに参加していただくとかわいい「お口の健康手帳」を無料で進呈、治療内容や今後のアドバイスなどのやり取りをしながら、楽しくお子さまのお口の健康を維持することができます。


自分が味わった苦しみを子供にも体験させたいですか?


かわいい我が子に自分が味わった虫歯治療などのつらい思いを体験させたいと思う親はまずいませんよね。

子供の歯の健康維持には予防歯科がとても重要です。美容院へ通うような感覚で歯の定期健診にも定期的に通っていただくことで虫歯や歯周病のリスクはグッと低くなります。小さなうちから習慣付けることで歯への健康意識も高くなり大人になってからも継続することが容易になります。虫歯になってからだけではなく、ぜひご家族で定期健診へご来院ください。


(無料)でのご相談は

こちらから歯の悩みをご相談頂ければ、院長からお返事を書かせて頂きます。
ボランティアで行なっておりますので、通院可能な方のみお受けいたします。

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。