TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

ポスト&コア(支台築造)について

歯の寿命に影響するポスト&コア (支台築造)について 神経を失った歯を補強して、機能を回復するためのポスト&コア。歯の寿命を延ばすために必須の治療です。

歯根破折や細菌感染のリスクが少なく、
金属アレルギーやメタルタトゥーの心配もない。
長期にわたって健康な口腔内を維持したいなら
グラスファイバーコアがおすすめです。

グラスファイバーコアイメージ

グラスファイバーコアイメージ

東松戸総合歯科クリニックのポスト&コア3つの特長

歯根破折や細菌感染のリスクが少ない

歯にかかる負担が少なく、細菌感染も起こりにくい。
結果的に、歯を長持ちさせることができます。

グラスファイバーコアは硬さが歯根に近いうえ、しなやかな弾性を持っているため、歯根にかかる負担が少なく済みます。そのため、歯根破折のリスクを大幅に下げることができます。また、グラスファイバーコアは、特殊なセメントによって歯質と一体化するため、細菌感染が起こりにくいのもメリットです。結果的に、グラスファイバーコアを採用することで歯を長持ちさせることができます。

グラスファイバーコアの治療イメージ

グラスファイバーコアの治療イメージ

被せものをしたときの審美性に優れている

被せものの審美性を損なわない。
美しく自然な見た目の歯を手に入れることができます。

金属製のメタルコアは、上に被せものをしたときに内部のコアが透けて、黒っぽく見えてしまうことがあります。その点、グラスファイバーコアなら審美性が損なわれる心配はありません。色が白く光の透過性に優れたグラスファイバーコアは、被せものをしたときも美しく見えます。オールセラミッククラウンなどのきれいな被せものの見た目を損なうことはありません。

白色で光の透過性があるので、審美性が保たれます

白色で光の透過性があるので、審美性が保たれます

メタルタトゥーや金属アレルギーのリスクがない

歯茎が黒ずんだり、金属アレルギーを起こしたりしない。
生体親和性に優れた身体に優しい素材です。

金属製のメタルコアは、長年使用していると金属成分が溶け出して、歯茎が黒ずむ「メタルタトゥー」を起こしたり、金属アレルギーを起こしたりするリスクがあります。一方で、グラスファイバーコアは金属が一切含まれていないため、メタルタトゥーや金属アレルギーの心配はありません。生体親和性に優れた身体に優しい素材なので、安心してお選びいただけます。

グラスファイバーコアは生体親和性に優れています

グラスファイバーコアは生体親和性に優れています

ポスト&コア(支台築造)とは?

ポスト&コア(支台築造)は、基本的に歯の神経を失ってしまい、歯の欠損が大きい場合に行う治療です。歯の機能を回復するためには、最終的に被せものを入れる必要がありますが、歯の欠損が大きい場合は、歯の根に「支柱(ポスト)」や「支台(コア)」を設けないと被せものを入れることができません。つまり、被せものを入れるために、歯根と被せものをつなぐ役割を果たすのがポスト&コアということです。ポスト&コアを入れることで歯根を補強でき、被せものを装着することで歯の機能を回復できます。

ポスト&コアは、下図のような形で装着されます。

前歯
臼歯

神経を失ってもろくなった歯を補強する

神経のある歯は「生きた木」に、神経を失った歯は「枯れ木」に例えられることがあります。神経のある歯は生きているため、しっかりと栄養が行きわたって瑞々しい状態を保てます。一方で、神経を失った歯は弾力性を失い、枯れ木のようにもろくなります。その結果、歯が変色したり、化膿したり、折れやすくなったりして、結果的に寿命が短くなってしまうのです。

神経を失ってしまった歯を長持ちさせるには、ポスト&コアを入れて補強してあげる必要があります。

神経を失ってしまった歯を長持ちさせるには、ポスト&コアを入れて補強してあげる必要があります。

ポスト&コアの種類

一般的に、下記の3種類のポスト&コアがあります。

概要 メリット デメリット

メタルコア

メタルコア

金属でできたコア
保険の範囲内

メタルコア

【メリット】

  • 金属でできているため、強度が高い。
  • 歯根との接着力に優れている。
  • 保険が適用されるため、治療費の負担が少なく済む。

【デメリット】

  • 弾力性がなく歯根に大きな負担がかかるため、歯根破折のリスクが高い。
  • 金属でできているため、金属アレルギーのリスクがある。
  • 金属でできているため、被せものをしたときに金属が透け、歯が黒ずんで見えることがある。
  • 金属でできているため、歯茎や歯根が黒ずむことがある。

レジンコア

レジンコア

歯科用プラスチック(レジン)でできたコア
保険の範囲内

レジンコア

【メリット】

  • ファイバーコアほどではないが、メタルコアに比べると歯根破折のリスクが少ない。
  • 金属を使用していないため、金属アレルギーのリスクが低い。
  • 保険が適用されるため、治療費の負担が少なく済む。

【デメリット】

  • メタルコアやファイバーコアに比べると強度に劣る。
  • ファイバーコアに比べると審美性に劣る。

グラスファイバーコア

グラスファイバーコア

グラスファイバー繊維でできたコア
自費(¥20,000~)

グラスファイバーコア

【メリット】

  • しなやかで弾力性に優れているため、歯根破折のリスクが少ない。
  • 素材であるグラスファイバーが丈夫なので、強度が高い。
  • 金属を使用していないため、金属アレルギーのリスクがない。
  • 金属を使用していないため、光の透過性があり、被せものをしたときの審美的に優れている。
  • 金属を使用していないため、歯茎や歯根が黒ずむことがない。

【デメリット】

  • 保険が適用されないため、治療費が比較的高額になる。
  • 残っている歯根が少ない場合、適用できないことがある。

メタルコアの問題点

歯根破折のリスク

メタルコアは、歯根破折のリスクがあります。極端に硬いメタルコアを入れると、負荷が集中したときに歯根が破折しまいます。歯根破折を起こした歯は、抜歯せざるを得ません。抜歯すると、歯の機能を回復するためにインプラントやブリッジなどの治療が必要になり、経済的な負担も増えてしまいます。

メタルコアによる歯根破断の例

メタルコアによる歯根破断の例

メメタルコアによる歯根破折を、分かりやすく解説すると以下のようなイメージになります。左の写真は、プラスチックの筒(歯根)に金属(メタルコア)が入っている状態です。この状態だと一定の箇所に応力が集中するため、右の写真のようにプラスチックの筒(歯根)が割れやすくなります。メタルコアは歯根に比べて硬度が高すぎるため、歯根破折が起こりがちです。

極端に硬い金属ポストを装着すると、負荷が集中したときに逆に歯根破折の危険性が高まります。

極端に硬い金属ポストを装着すると、負荷が集中したときに逆に歯根破折の危険性が高まります。

メタルタトゥーのリスク

メタルコアは、歯茎が黒ずむリスクがあります。長年にわたってメタルコアを装着していると、金属成分が溶け出して、以下のように歯茎が変色してしまうケースがあります。なお、メタルコアによる歯茎の変色は「メタルタトゥー」と呼ばれます。

メタルコアの金属成分が溶け出して歯茎や歯茎の境目に入り込み、変色してしまうケースも確認されています。

メタルコアの金属成分が溶け出して歯茎や歯茎の境目に入り込み、変色してしまうケースも確認されています。

レジンコアの問題点

レジンコアが破折するリスク

プラスチック製のレジンコアは歯よりも硬度が低いため、メタルコアとは逆に、レジンコア自体が割れてしまうリスクがあります。ポスト&コアの強度が歯質より低いと、応力が分散されず、以下のイメージのようにプラスチック(レジンコア)が折れてしまうことがあるのです。

歯よりも硬度が弱いプラスティックだと、土台自体が割れてしまいます。

歯よりも硬度が弱いプラスティックだと、土台自体が割れてしまいます。

当院が考える理想のポスト&コア

上述したメタルコアやレジンコアの弱点を補うには、以下の4点を重視してポスト&コア(支台築造)を考える必要があります。

  • 1弾性係数が歯質に近いポスト&コアを採用する。
  • 2応力が一箇所に集中しないようにポスト&コアを設計する。
  • 3接着性レジンを用いて、ポスト&コアと歯の一体化を目指す。
  • 4応力自体を軽減するように、補綴物に加わる力をコントロールする。

そのために当院では、「グラスファイバーコア」を推奨しています。さらに、豊富な経験と知識を生かして、応力を分散できるポスト&コアを設計しています。

❶根管治療終了後 ❷ホストを設置します。 ❸コアを取付します。

グラスファイバーコアは、力学的強度が歯質と近いため、他のコアに比べて歯へのダメージが少ないうえ、グラスファイバーコア自体が破折するリスクが少ないのも利点です。

弾性係数比較

対象者モデルケース

CASE1

神経を抜いた歯を維持したい

神経を失った歯はもろくなり、寿命が短くなってしまいますが、高品質のポスト&コアを入れることで、歯の寿命を延ばすことができます。

Aさん 30代男性

Aさん 40代女性

神経を抜いた歯の寿命を伸ばすことができます

神経を抜いた歯の寿命を伸ばすことができます

CASE2

きれいな見た目の歯にしたい

ポスト&コアを入れたうえで被せものを入れる際は、ポスト&コアの素材に配慮しないと、被せものの見た目が悪くなってしまうことがあります。被せものの審美性を考えたとき、最適なのはグラスファイバーコアです。

Bさん 20代女性

Bさん 50代男性

グラスファイバーコアなら審美性が保たれます

グラスファイバーコアなら審美性が保たれます

CASE3

歯茎が黒ずんでいるので土台を入れ替えたい

長年、メタルコアを使っている人は、歯茎が黒ずんでくることがあります。歯茎の黒ずみを解消するには、メタルコアを取り除き、グラスファイバーコアに入れ替えるのがおすすめです。

Cさん 50代女性

Cさん 30代女性

メタルコアにより黒ずんだ歯茎

メタルコアにより黒ずんだ歯茎

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休診日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。