TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

入れ歯(義歯)

入れ歯 歯が抜けたままにしていると、顔つきや表情まで変わってきます。お早めに自分に合った入れ歯を作りましょう。

いつまでも美味しい食事と素敵な笑顔を。
しっかり噛める、目立たない、違和感が少ないなど
入れ歯に関する様々なニーズに対応。
プロの目から見て、患者様にとって最適な入れ歯をご提案します。

東松戸総合歯科クリニックの入れ歯4つのPOINT

01

口腔内環境を整えたうえでの入れ歯製作

口腔内環境を整えたうえで入れ歯を設計するため、
患者様のお口にぴったり合った入れ歯をご提供できます。

たとえば、噛み合わせが乱れているのに、そのままの状態で入れ歯を入れても力学的なバランスが悪くなります。そういう入れ歯は、「ガタついて痛い」「違和感が大きい」といった不具合が起き、快適に長く使っていくことはできません。

入れ歯治療においては、事前に口腔内環境を整えておかないと、ぴったり合った入れ歯を作ることはできません。当院ではまず、患者様の顎の骨の形態、残っている歯や補綴物の状態、噛み合わせなどをチェックします。お口の中に問題があればその問題を解消して、口腔内環境を整えてから入れ歯を設計していきます。それゆえ、一人ひとりの患者様のお口にぴったり合った入れ歯をご提供でき、長く快適に使っていただくことができるのです。

笑顔
歯周病を治してからでないと、入れ歯の支えとしての歯が使えません。
治療しないとすぐにダメになってしまいます。

治療して問題があれば連結固定ブリッジなどを使用して、入れ歯が正しく入る様にしなくてはなりません。
02

様々な入れ歯のニーズに対応

数ある素材・型式の入れ歯の中から、
患者様のご要望・ご予算に最適な入れ歯をご提案します。

患者様の口腔内の状態やご要望などによって、最適な入れ歯は変わってきます。当院では、入れ歯に関する様々なニーズにお応えするため、数多くの入れ歯を取り扱っています。
「しっかり噛める」「目立たない」「安い」「違和感が少ない」「長持ちする」「お手入れが簡単」など、まずは入れ歯に関するご要望をお聞かせください

どの素材・どの型式がベストなのかを吟味したうえで、プロの目から見て、患者様にとって最適な入れ歯をご提案いたします。

入れ歯

入れ歯

最適な入れ歯をご提案します

最適な入れ歯をご提案します

03

入れ歯の調整にも対応

合わなくなってきた入れ歯の調整にも対応しています。
長く快適に入れ歯を使っていくため、お気軽にご相談ください。

長年、入れ歯を使っていると、「痛い」「違和感がある」「外れやすくなった」「食べ物が挟まる」といった不具合が生じてきますが、我慢して使い続けていると、思いもよらないトラブルを招いてしまうことがあります。長く快適に入れ歯を使っていくため、定期的にチェックにお越しください。

患者様の口腔内の状態によっては、引き続き入れ歯を使っていくより、インプラントやブリッジに変えたほうが良いケースもあります。最終的に治療法を選択するのは患者様ですが、インプラントやブリッジも含め、メリット・デメリットをご説明したうえで患者様と一緒にベストな治療法を探っていきます。

義歯のイメージ

義歯のイメージ

04

精密な入れ歯をオーダーメイドで製作

患者様の身体の一部であるかのような、
精密な入れ歯
をご提供します。

私たちの口腔内は非常に繊細にできており、髪の毛が1本入っただけでも大きな違和感を覚えます。入れ歯ともなればなおさらで、ストレスなく入れ歯を使っていくためには、どれだけ精密な入れ歯を作れるかという点が大きなポイントになってきます。

当院では、「まるで身体の一部であるかのような入れ歯」を目指し、精密な入れ歯製作を行っています。熟練の歯科技工士と連携し、オーダーメイドで快適な入れ歯を設計・製作いたします。

※自由診療となります。

保険の入れ歯は比較的安価に製作できるのがメリットですが、品質面で満足できず、結局自費の入れ歯で作り直す患者様は多くいらっしゃいます。保険の入れ歯は、国が指定した材料・手順で製作する必要があり、技工士を選ぶこともできません。このように様々な制約を受けるため、どうしてもオーダーメイドのように精度の高い入れ歯は製作できず、快適さにおいても見た目においても、到底自費の入れ歯には及ばないのです。長期にわたって快適に入れ歯を使っていきたいという方には、細部まで要望を反映できる自費の入れ歯をおすすめします。

入れ歯製作イメージ

入れ歯製作イメージ

入れ歯治療とは?

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった場合に、歯の機能を補うために行う治療の一つが入れ歯(義歯)です。入れ歯は、保険が適用される「保険の入れ歯」と、保険適用外の「自費の入れ歯」があります。保険の入れ歯はレジン床義歯と呼ばれるもので、自費の入れ歯はノンクラスプデンチャーやコーヌスデンチャー、インプラントオーバーデンチャーなど、様々な種類があります。自費の入れ歯は使える素材などに制限がないため、装着感や食感などに優れたものが多くあります。

歯がない状態のままでいると・・・

歯がない状態のまま放置していると、食事や会話で不便な思いをするだけでは済みません。歯がないと噛む力が顎の骨に伝わらないため、顎の骨がどんどん痩せていきます。顎の骨が痩せていくと、顔つきや表情まで変わってきます。よく言われるのは、「老け顔」になるということ。「梅干し婆さん」や「くしゃお爺さん」になってしまうのは、歯がないまま放置しているからなのです。

  • 骨が痩せたイメージ

    骨が痩せたイメージ

  • 入れ歯の有無の違い

入れ歯の種類と特長

現在は多種多様な入れ歯が登場しており、それぞれ違った特長を持っています。たとえば、丈夫な入れ歯、快適な入れ歯、見た目が良い入れ歯、噛める入れ歯などがあり、患者様が何を重視するかによって最適な入れ歯は変わってきます。以下で詳しく解説していますが、「一般的な義歯」より「特殊義歯」のほうが患者様の細やかなご要望に応えることができます。

部分入れ歯と総入れ歯の違い

総入れ歯は、上顎もしくは下顎のすべての歯を失ってしまった方のための入れ歯です。基本的に、歯茎を支えにして入れ歯を固定する形になります。一方で、部分入れ歯は一部の歯を失ってしまったものの、まだご自身の歯が残っている場合に選ばれる入れ歯です。残っている歯を支えにして、バネをかけるなどして1本~数本の入れ歯を固定します。

  • 部分入れ歯イメージ

    部分入れ歯イメージ

  • 総入れ歯イメージ

    総入れ歯イメージ

一般的な義歯

レジン床義歯(プラスチック義歯)
  • 話しにくい
  • 慣れにくい
  • 外れやすい

プラスチックでできた保険の入れ歯です。リーズナブルに製作できることや、破損時の修理が簡単なことなどがメリットです。噛む機能はある程度、回復できますが、「割れやすい」「分厚いため違和感が大きい」「熱が伝わりにくい」といった弱点があります。

  • 部分入れ歯イメージ

    部分入れ歯イメージ

  • 総入れ歯イメージ

    総入れ歯イメージ

金属床義歯(コバルトクロム合金)
  • 壊れにくい
  • 熱伝導が可能
  • 薄くできる
  • 発音が変わる

金属(コバルトクロム合金)でできた自費の入れ歯です。他の金属床義歯に比べてやや厚くなりますが、金属床義歯のなかではもっともリーズナブルです。熱伝導に優れているため、食べ物の熱さ・冷たさをしっかりと感じることができます。丈夫で壊れにくいのもメリットです。

金属床義歯(コバルトクロム合金)イメージ

金属床義歯(コバルトクロム合金)イメージ

金属床義歯(チタン)
  • 軽くて丈夫
  • 違和感が少ない
  • 薄くできる
  • 発音が変わる

金属(チタン)でできた自費の入れ歯です。チタンは強度に優れているため、薄い入れ歯を作ることができます。そのため、驚くほど軽くて装着感も良く、違和感が少ないのが特徴です。その他、「顎に馴染んでお口が疲れにくい」「アレルギーが起こりにくい」「丈夫で壊れにくい」といったメリットがあります。

金属床義歯(チタン)イメージ

金属床義歯(チタン)イメージ

金属床義歯(ゴールド)
  • 割れにくい
  • 壊れにくい
  • 熱伝導が可能
  • 薄くできる
  • 発音が変わる

金属(ゴールド)でできた自費の入れ歯です。ゴールドは金属のなかでも柔軟性に優れ、加工しやすいため、お口にぴったり合う入れ歯を製作でき、心地よい装着感が得られます。熱伝導にも優れているため、食べ物の温度がよく伝わり、美味しく食事ができます。

金属床義歯(ゴールド)イメージ

金属床義歯(ゴールド)イメージ

特殊義歯

ノンクラスプデンチャー
  • 見た目と快適さ

金属のバネを使わず、生体用シリコンの弾力を利用して吸盤のように固定する自費の入れ歯です。従来の部分入れ歯のように金属のバネがないので目立ちにくく、自然な見た目に仕上がります。また、やわらかくコンパクトなのでお口にフィットしやすいのもメリットです。一方で、欠点は修理ができないこと。経年とともにお口や歯茎の形は変わってくるため、数年使って合わなくなってきたら、あらためて製作する必要があります。

※ノンクラスプデンチャーはスマイルデンチャー・バルプラストとも呼ばれます。
(さわやかデンチャー、エステショットブライト、ルシトーンFRS、スーパーソフト、クリアウィング、ジルコニアレスト、アンカーアミド)

ノンクラスプデンチャーイメージ

ノンクラスプデンチャーイメージ

コーヌスデンチャー
  • コンパクトで動かない
  • よく噛める
  • 違和感が少ない
  • 動かないので良い

二重のクラウンを使って固定する自費の入れ歯です。残っている歯に特殊な連結装置を組み込んだクラウンを被せ、もう一方の連結装置を組み込んだ部分入れ歯と連結させて固定します。バネで支える従来の部分入れ歯に比べ、しっかり噛めるようになります。また、金属のバネがないため、審美的にも目立ちにくいのが特徴です。

  • コーヌスデンチャーイメージ

    コーヌスデンチャーイメージ

  • コーヌスデンチャーイメージ
磁石式アタッチメント義歯
  • 見た目が綺麗
  • 落ちにくい

磁石(マグネット)の力で固定する自費の入れ歯です。顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋入して磁石を組み込み、もう一つの磁石を組み込んだ入れ歯と磁力によって固定します。磁石は、インプラントではなく残っている自分の歯に付けることもあります。

  • 磁石式アタッチメント義歯イメージ

    磁石式アタッチメント義歯イメージ

  • 磁石式アタッチメント義歯イメージ
インプラントオーバーデンチャー(インプラント義歯)
  • 食事がしやすい
  • 安定感がある
  • 落ちにくい

2~4本のインプラントを固定源として安定させる自費の総入れ歯です。残根、根面版を入れて作る総入れ歯をそのまま使うよりも入れ歯が安定するため、はるかに快適な食事が可能。仕組みがシンプルで、すぐに食事ができる優れた入れ歯だと言えます。

  • インプラントオーバーデンチャーイメージ

    インプラントオーバーデンチャーイメージ

  • 入れ歯が粘膜に沈み込まず支えがある入れ歯

    入れ歯が粘膜に沈み込まず支えがある入れ歯

  • 歯の裏側をくり抜いて小さくする(フィットさせる必要がないため)

対象者モデルケース

CASE1

目立たない入れ歯をつくりたい

周囲に入れ歯を使っていることを気付かれたくないという人は多くいます。自費の入れ歯であればオーダーメイドなので、限りなく自然な見た目にすることができます。

Aさん  60代男性

Aさん 60代男性

入れ歯イメージ

入れ歯イメージ

CASE2

入れ歯にするかインプラントにするかで迷っている

インプラントは確かに優れた治療法ですが、どんな場合でもファーストチョイスになるわけではありません。患者様の全身状態や口腔内の状態、ご要望を把握したうえで最適な治療法をご提案します。骨を支えとするので、ご自身の歯に近い状態に再現するため、コンパクトで咬めるようになります。

Bさん 50代女性

Bさん 50代女性

インプラントイメージ

インプラントイメージ

CASE3

今使っている入れ歯が合わなくなってきた

入れ歯が合わなくなってきた場合は、入れ歯の調整を承ります。ただし、状況によっては調整するより新しく作製したほうがメリットが大きいケースもあります。患者様のお口の状態と入れ歯の状態を見たうえで、アドバイスさせていただきます。

Cさん 70代女性

Cさん 70代女性

入れ歯が合わなくなってきた場合

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。