TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

歯みがきについて

歯の正しいみがき方

プラーク(歯垢)を常に取り除いていればむし歯にはなりません。
実際は、きれいに磨きましたという人でも、約85%しか磨かれていません。

きちんと磨いているつもりでも、磨き残しは結構あるものです。
“なくて七癖・・・”といわれるように人それぞれ欠点があります。
これは歯科衛生士に診てもらえばすぐにわかります。一度歯科衛生士に指導してもらいましょう。

歯を磨くタイミング

歯を磨く目的の1つとして【プラーク(歯垢)を取る】というのがあります。
むし歯の原因であるプラークが歯に付着するのに約8時間、プラークが固まり、歯ブラシで取れなくなるのに約24時間かかります。ですから1日1回、徹底的に歯磨きを行えばむし歯は防げます。

しかし、1回の歯磨きでプラークを完全に取り去るのは難しいので、歯磨きは毎食後おこなってください。また、就寝前は必ず磨くようにしましょう。

昼間は唾液の分泌が盛んに行われ、細菌の繁殖を押さえます。しかし、寝ているときは唾液の分泌量が著しく低下し、細菌の活動が活発になるからです。

歯磨き(ブラッシング)について

歯の汚れ、つまりプラーク(歯垢)を取り除く方法は、とにかくブラッシングです

正しいブラッシングのポイント

ブラッシングの時に、絶対に守らなければならないこと

(1)毛先で、歯ぐきを磨こうとしないこと → 歯ぐきが痩せてしまいます
(2)力を入れて、ゴシゴシ磨かないこと → 知覚過敏で沁みやすくなります

ブラッシングは簡単なようでなかなか難しいものです。今までに説明したことも、その一部です。
“お口の中は十人十色” 一人一人に合ったブラッシングを見つけていきましょう。

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。