TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

ミニインプラントとは?

インプラント治療の治癒期間中を快適に過ごしていただく為に使用するミニインプラント
治癒期間中でも、患者様の快適な生活を実現させます。

ミニインプラントとは、インプラント治療期間における、暫間用(一時的)なインプラントのことです。
すなわち仮のインプラント、仮の歯となります。

インプラント治療は、インプラントが骨と結合するまでは、刺激を加えずにそのまま放置し治癒させます。
その期間、上部構造(被せ物)がない状態で、ものが噛めない、見た目が悪い状態が続くことは、患者様にとってはかなりのストレスです。

そこで考えられたのがミニインプラントです。
これは、メインインプラントとは別に、かなり細い(直径1.8mm)のインプラントを埋入し、暫間用の上部構造(人工のかぶせ物)を作成します。

このミニインプラントの役目は、大きく3つ。

1.治癒期間でも噛むことが可能。

2.見た目の回復。

3.メインインプラントの保護。
メインインプラントへの負荷を抑え、しっかりと骨とインプラントが結合するようにさせます。

ミニインプラントを使用することによる患者様のメリット


治癒期間の、噛めない煩わしさから解放されます。


メインインプラントを埋入し、2次手術までの治癒期間におけるメインインプラントの加重負担の防止。

ミニインプラントについて知っていただきたいこと

このミニインプラントは、暫間用インプラント。
あくまでも、一時的になインプラントです。
奥歯などが欠損していて、モノが噛めないという煩わしさから一時的に開放させるものです。

もちろん、メインのインプラントが骨に結合すればミニインプラントは除去し、メインのインプラントを埋入します。

ミニインプラントは直径1.8mmで長さが、7mm~14mmです。骨と結合するインプラントではないので、強い噛みしめなどで折れやすい。外れやすいというデメリットがあります。


ミニインプラントの流れ

1.今後使用するメインインプラントの埋入を行います。
次へ

2.メインインプラントの埋入が終了したら、ミニインプラントの埋入を行います。
この時、ミニインプラントはメインインプラントと並べて埋入します。

次へ

3.メインインプラントとミニインプラントの埋入が完了します。

次へ

4.次に、上部構造を作成する過程へ移行します。
次へ

5.ミニインプラントは直径1.8mmのとても小さなインプラントです。
強化させる為、ミニインプラントにバーを装着します。

次へ

6.ミニインプラントに覆いかぶせるように上部構造をのせます。
次へ

7.この上部構造よってメインインプラントに負荷をかけることなく、そして物を噛むことが可能となります。

よくある質問

Q1.暫間インプラントと言うが、通常のインプラントと何か変わりはあるのか?

A1. ミニインプラントは骨と結合しないので、抜け落ちる場合があります。 通常のインプラントと、ミニインプラントは根本的に使用方法が異なるインプラントです。

Q2.費用はどのくらいなのか?

A2. 使う本数と仮歯のによって異なるので、詳細は治療の設計に合わせてご提示致します。
通常は5万~40万です。

Q3.治療後、どのぐらいで食事できるのか?

A3. 痛みなどがなければ、すぐに食事はできます。

Q4.ミニインプラントの施術には危険性はないのでしょうか?

A4. 当院では、施術前にCTで患者様のお口の中の状態を確認し、神経や血管を避けた位置に埋入をしていきますので、危険はありません。

インプラント専門サイト

(無料)でのご相談は

こちらから歯の悩みをご相談頂ければ、院長からお返事を書かせて頂きます。
ボランティアで行なっておりますので、通院可能な方のみお受けいたします。

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。