TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

スポーツ歯科

歯の噛み合わせや、歯並びは、スポーツにとても密接に関係していることが明らかとなっています。より良いパフォーマンスを発揮するためにも、噛み合わせや歯をしっかりすることが必要です。世界中の研究結果からケガの予防だけでなくパフォーマンスの向上を主な目的とした、注目されている分野です。

スポーツ選手は歯が命

トップアスリートや指導者など、スポーツに関わる全ての方にとって、競技レベルの向上には、トレーニングだけではなく、歯の健康が必要不可欠です。
ラグビー選手やボクシングやアメフト選手等が装着しているマウスピース(マウスガード)は、歯科医院にて精密に型をとり、噛み合わせや顎関節、発音、呼吸等まで考慮して製作します。
また、パフォーマンスの向上だけではなく、スポーツ傷害の予防等、マウスピース(マウスガード)の使用に際して、適切な指導や調整も行います。

スポーツ選手のお口の健康状態の管理

スポーツ選手に対して口腔検診を定期的に行うことで、虫歯、歯周病、顎関節、噛み合わせ、軟組織、などの診査をし、口腔内の現状説明とアドバイスをいたします。

  • 歯や歯ぐき、顎、顎関節等に痛みによる集中力の減少。
  • 歯周病により歯が不安定な状態では食いしばりの不十分による様々な筋力への影響。
  • 虫歯をかばい片方だけで噛む癖がつくことで、身体全体のバランスへの影響。
  • 食育の観点からもよく噛むことの意義を理解を促します。消化吸収を良くし、脳への刺激を与え、心臓への血流量を増やすという身体への効果は何よりも勝ります。
  • よく咀嚼できる口腔状態は、栄養学の効果を最大限発揮する為にも、最低限の事で最大の強みです。

髪の毛一本分の高さの変化でさえトップアスリートにとっては影響が大きく、競技のパフォーマンスや結果に関与する事が明らかになっています。

マウスガード

マウスプロテクター、マウスピースとも呼ばれますが、楽器やスキューバダイビング用との混同を避ける意味で、最近ではスポーツ用途で作られるものをマウスガードと呼ばれています。

スポーツマウスガードの種類

  • オリジナルのカスタムメイド・マウスガード(歯科医院で個人に合わせて製作)
  • マウスフォームド・マウスガード(スポーツ店等で購入し自身で調整する)
  • ストック・マウスガード(スポーツ店等での購入した既製品で、調整不能なもの)

既製品

長所
  • 安価に手に入れることができる。
  • 手軽に製作できる
短所
  • 外れやすく・呼吸がしづらい
  • 会話がしづらい
  • 噛み合わせが正確でなく、アゴの関節を痛めやすい


カスタムマウスガード

長所
  • フィットする・呼吸がしやすい
  • 会話しやすい
  • 噛み合わせがしっかりしている
  • 個人にあった調整が可能
  • 違和感がないため集中力を維持しやすい
  • オリジナルのデザインが可能
短所
  • 既製品に比べ、価格が高い
  • 歯型を採る必要がある

マウスガードの目的と効果

  • 歯や軟組織、顎骨、顎関節などスポーツ時における口腔領域の外傷予防
  • 歯の破損、脱臼の防止
  • コンタクトスポーツでの衝突時に発生する衝撃緩衝による脳震盪の軽減
  • 本来の力を引き出し、運動能力を向上させる
    ※歯が生え変わり時期のジュニアの選手にもとても大切です。
  • 噛み合わせの改善により、身体のバランスの向上
  • ゴルフで使用することでの飛距離向上

(アメリカADAの報告)
年間 20万件以上の口腔外傷を、米国内のスポーツ全般で試合中にスポーツマウスガードを口腔内に装着する事で、防げている。
(米国 National Sports Foundation)
マウスガードの未着用により、年間 500万本もの歯牙が試合中に喪失されている。


マウスガードを受け取るまで

口腔検診
お口の状態を診査し、むし歯や歯周病がある場合は、健康にするため、まず治療を行います。 次へ

かたどり
口の中の型をとった後、的確に復元された模型に、競技特性を考慮しマウスガードの設計をします。 次へ

装着・調整
世界に一つだけの、オリジナルマウスガードを装着し、調整します。 次へ

メンテナンス
マウスガードは定期的な管理が必要です(半年に一回)。また、中学生以下のジュニア選手は歯の生え変わりがあるため、二ヶ月毎の管理が必要です。

どんな人が必要なの?

プロスポーツ選手だけではなく、広く愛好家レベルの方や、学生の部活から趣味でスポーツをされている方まで幅広く適応となります。
世界中で推奨されている理由として、口・歯・顎顔面・脳の衝撃への保護、身体バランスの維持・管理・回復・増進に役立つことができます。東松戸総合歯科クリニックでは、ジュニアからシニアまでの幅広い年齢層の方々に、歯の健康・トータルケアを通して、安全かつ楽しいスポーツライフのお手伝いをします。選手皆様の競技スケジュールに配慮した作成と、デザインが可能です。

  • スポーツのためのデンタルチェック(健診)
    トラブルで困らないよう、事前に対応しておく必要があります。シーズンオフの定期検診や海外遠征前には必ず歯科を受診し、口内を健康に保つようケアをしておきましょう。治療は1回で終わることは少ないため注意が必要です。
  • 一般的な歯科疾患(むし歯、歯周病、親知らずなど)に関する相談・応急処置・治療
  • 食いしばりや、歯ぎしりによる歯のすり減り、歯の噛み合わせ不良、顎関節症に関する相談・応急処置・治療
  • スポーツ外傷事故による歯の破折・脱臼・脱落、顎の骨折など、口腔外科に関する相談・応急処置・治療
  • マウスガード(マウスピース)の相談・調製
    マウスガードは、スポーツ中に起こる口や歯のけがを未然に防ぐためのプロテクターです。コンタクトスポーツに参加される場合は、マウスガードの装着が義務化されています。空手やK-1などでも、プロアスリートでも数多くの選手が愛用しています。マウスガードは防護能と快適性(フィット感)に優れ、噛み合わせも入念に調整するため、パフォーマンスを最大限発揮するためにも必須といえます。

 

マウスガード着用義務スポーツ一覧

義務化

ボクシングをはじめとした、顔面を直接殴打される格闘技全般/アメリカンフットボール

一般義務化

ラグビー/ラクロス/サッカー/バスケットボール/水球/ハンドボール/フィールドホッケー/アイスホッケー/空手/レスリング/柔道/相撲

推奨

野球/ソフトボール/バレーボール/ゴルフ(※ただし日本国内ツアーなど一部では禁止)/テコンドー/剣道/スキー/スケート/重量挙げ/砲丸投げ/円盤投げ/槍投げ/体操/弓道/アーチェリー/ボディービル/アームレスリング/馬術/モトクロス/カーレース/競輪/競馬
 

(無料)でのご相談は

こちらから歯の悩みをご相談頂ければ、院長からお返事を書かせて頂きます。
ボランティアで行なっておりますので、通院可能な方のみお受けいたします。

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。