TOPへ戻る

東松戸総合歯科クリニック

東京歯科大学 大学院卒、博士号を
取得した歯科医師のいる歯科医院

口腔外科

口腔外科ってどんな治療?

口腔外科では主に以下の専門的に診察いたします。
  • 顎顔面、口腔周囲の傷
  • 親知らず
  • 顎関節症
  • 顎や顔など、顔面の変形・異常(顎変形症)
  • 口の中の粘膜の病気(口腔粘膜疾患)
  • 腫瘍(良性・悪性腫瘍)
  • 顔や口の神経痛や神経マヒ(神経症状)
  • つばを出す組織の病気(唾液腺)



東松戸総合歯科クリニックでは、口腔癌・顎の骨折・顎変形症などさまざまな口腔外科疾患や、インプラント、有病者の歯科治療まで幅広く対応しています。口腔内の疾患は、患者様ご自身では気が付かないことも多く、見逃しやすいものです。口腔癌の原因となる悪性腫瘍は、早期発見・治療が何より大切です。
東京歯科大学水道橋病院の医療連携協力医療機関であり、厚生労働省(関東信越厚生局)認定のかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所でもある、東松戸総合歯科クリニックは、歯科・医科・大学病院と連携する総合歯科医院です。口腔内に違和感あればもちろん、健康に保つためにも一年に一度は口腔内検診の受診を心がけましょう。
問い合わせ 電話 フォーム

口腔外科症例

症例1 嚢胞

唇や口の粘膜内にできるものや、顎の骨の中にできるものがあります。歯を介してできるものは主に細菌感染ですが、その他の部位にできるものは体内の代謝や汚物、腺組織の一部の膨らみの場合があります。大部分においては害はなく放置しても大丈夫とされていますが、大きく広がっていく傾向にはあるため、早めに対処した方が良い症例です。

症例2 炎症/腫脹

口腔内の細菌が顎骨内に入り化膿した状態です。口腔内を清潔にし、病巣を摘出させる必要があります。放置すると慢性化するため、症状が出た際は、放置せず早急な対処が必要です。

症例3 自家歯牙移植

保存できない歯牙を抜歯し、抜歯した後(抜歯窩)に他の歯牙を移植します。写真の症例では、歯根破折のため抜歯した右下6番に、左上の8番(親知らず)を移植したものです。

症例4 顎関節症

顎関節症には、あごの関節の痛み、あごの周りの筋肉の痛み、口を開け閉めした時のコリッとした音やパキパキとした音、口が開かない、閉まらない、といった主な症状があります。最近は全般的に食べ物が柔らかい、顎の大きさも小さくなる、また、現代社会のストレスの増加といった要因などにより、顎関節症に悩まされる方が増えてきているといわれています。歯ぎしりや食いしばり、偏咀嚼、悪習癖などが、より症状を悪化させます。特に中年女性に多くみられる傾向にあります。違和感を覚えた方はご予約の上、受診ください。

症例5 親知らず

口腔内の一番奥、3本目の大臼歯を親知らず(第三大臼歯)と言います。親知らずは、正常に生え清掃性が良く、正常な咀嚼ができているのであれば必ずしも抜歯をする必要性はありません。条件が思わしくない場合は、むし歯や歯周病といった病気の予防や、痛みや腫れの問題を避けるために、抜歯をお勧めしています。また、一度でも腫れや痛みを経験した患者様には、細菌が定着している可能性があり、再発を防止するためにも、抜歯することを強くお勧めします。

症例6 粘膜病変

口腔粘膜の変色や、できもの、水疱や口内炎、粘膜の“ただれ”といった異常が出た場合はすぐに受診しましょう。特に、白い・赤い・黒い斑点などの粘膜が特に悪性化や口腔癌に至る場合があり、注意が必要です。
白板症 扁平苔癬(へんぺいたいせん) 紅板症

症例.07 腫瘍(悪性・良性)

口にも癌ができます。 特に入れ歯や合わない詰め物で慢性的な詰め物で慢性的な刺激が発生している場合は、注意が必要です。一口に癌と言っても良性か悪性かは検査してみないと分かりませんが、命に大きく関わる病気ですので、必ず受信しましょう。また、一年に一回の口腔癌検診は全国で推奨されています。東松戸総合歯科クリニックは大学病院と連携をとっている高度医療機関ですので、症状に応じて紹介状をお出しいたします。
白い“できもの”ができた舌癌 潰瘍タイプの歯肉癌 頬粘膜癌

症例.08 歯根破折

骨とは異なる組織発生の由来の違いから、歯を支えている根の部分(歯根)が折れてしまった場合、放置しても歯が自然と治癒することはありません。クラック(ヒビ)や破折した歯は、細菌感染が生じやすく、そのまま放置すると、周囲組織の化膿や骨吸収を起こし、症状が悪化します。歯根が折れてしまった場合は、症状にはよりますが、放置せず抜歯を行い、骨のダメージを最小限にする処置が必要です。

症例.09 唾液腺疾患

つばを出す組織のことを唾液腺といいます。唾液腺は、大唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺)と小唾液腺(口唇腺・頰腺・臼歯腺・口蓋腺ほか)の2つに分類されます。唾液腺に石が詰まることを唾石症といい、腺の出が悪くなるといった、唾液分泌異常から生じる種々の唾液腺疾患は口腔内環境に大きな影響を及ぼします。主な症状としては口腔乾燥症があり、むし歯や口臭の原因になります。口の中にプクッっとした腫れや、石のような異物感を覚えたら受診ください。

症例.10 インプラント骨造成

歯を失うと、入れ歯やブリッジなどで治療しても、骨吸収によって徐々に顎の骨(歯槽骨)は痩せていきます。歯を失った場合の最善の治療法「インプラント」は、その固定を得るために骨が必要なので、ここで骨を作る処置が必要になります。人工骨を埋めたり、ブロック骨を移植したりして、インプラントを埋め込めるような状況にします。


症例.11 骨折/ゆがみ

交通事故やスポーツでの怪我などで顔面の骨が折れたり、ゆがみが発生することがあります。その際、噛み合わせが“ずれ”ることがあります。放置してしまうと、顎がゆがみ、治らなくなる場合もありますし、不定愁訴の原因になることもあります。事故や外傷を負ったときは、脳外科以外にも必ず口腔外科も受診するようにしましょう。

症例.12 口内炎

口内炎はお口の中の粘膜がただれ、炎症が起きた状態でです。ストレスや食生活以外にも口腔内が不潔だったり、傷があったりすると生じる等、様々な原因があります。ビタミン剤の内服や軟膏をつけることで痛みを和らげ、治癒を早めることができるため、初期段階での受診をお勧めします。
 
口内炎になりやすい場所   唇の裏にできた口内炎

症例.13 外傷/裂傷

口腔外科の領域として、交通事故やスポーツでの打撲時に歯や口腔内外周辺に負った傷も、外科だけでなく東松戸総合歯科クリニックの口腔外科での受診をお勧めします。

症例.14 骨腫/骨隆起

骨腫/骨隆起とは、良性の腫瘍に慢性的な力学的負荷が掛かりすぎることで、骨組織が刺激され、増殖したものです。病的なものではないため、経過を見てからの判断でも問題はありませんが、入れ歯が強く当たる、発音がしにくいといった場合は切除が必要になる場合もあります。気になるようであれば、東松戸総合歯科クリニックで受診ください。

症例.15 歯性上顎洞炎(副鼻腔炎/蓄膿症)

副鼻腔炎とは、鼻腔の横にある大きな空洞、副鼻腔と呼ばれる場所で炎症が起きたものを指します。また、上顎洞に炎症のあるものを上顎洞炎といい、この副鼻腔炎が慢性化したものを慢性副鼻腔炎、または蓄膿症といいます。これは、細菌やインフルエンザウイルスを繰り返し感染した場合や、アレルギー性鼻炎などが原因でなります。副鼻腔炎・蓄膿症というと耳鼻科の領分と思われるかもしれませんが、口腔外科の領分に原因がある場合があります。副鼻腔炎・蓄膿症がなかなか治らない と、お悩みの患者様には、耳鼻科での診察に加え、東松戸総合歯科クリニックの口腔外科受診をお勧めします。

症例.16 神経痛・神経マヒ

神経痛は原因がハッキリするものと、しないものがあるため、それぞれに最適な治療を行います。原因が分かるものは、原因をなくすための治療。原因が分からないものに関しては、症状を和らげる治療をしていきます。神経マヒの原因は、ケガだったり、手術後の後遺症であったり、と様々な理由から引き起こされ、神経マヒに関しては、マヒの程度により、治療可能かどうかを判断する必要があるため、一度ご来院いただき、検査することをお勧めします。

症例.17 その他(唇顎口蓋裂/顎変形症)

顎変形症(下顎前突・後退、上顎前突・後退・開咬)とは、正常な状態に比べ顎が前に出ていたり、後にさがっている症状をさします。顎変形症の治療には、矯正治療が必要となるケースがほとんどです。唇顎口蓋裂は、500人に一人程度の発生頻度と言われ、胎生期の時期に癒合のプロセスがうまく行われなかった場合に生じるとされており、口唇と鼻腔、口蓋に生じる奇形です。
 
唇顎口蓋裂   顎変形症

最後に

口腔外科の領分には、一見、歯とは関係のなさそうな症状が含まれています。お口周りでお悩みをお持ちの患者様は、口腔外科のスペシャリストを有している東松戸総合歯科クリニックの口腔外科を是非受診ください。あなたにとって最善最高の治療をご提供致します。

問い合わせ

(無料)でのご相談は

こちらから歯の悩みをご相談頂ければ、院長からお返事を書かせて頂きます。
ボランティアで行なっておりますので、通院可能な方のみお受けいたします。

新患急患随時受付まずは電話予約

047-392-0101

受付

9:30~20:00

休館日

祝日のみ(土日は19:00まで)

あべひろ総合歯科は、地域貢献のため、新患さん・急患さんを随時、受け付けております。

地域の支援と患者さん一人ひとりをしっかり診ていく、という診療方針を掲げ、近隣の流山市や草加市、都内などからも来院頂ける歯科医院に成長してきました。
基本を忘れず、すべての患者さんに対して、そして自分自身に対して正直でありたいと考えております。お口のことなら何でもお気軽にご相談ください。